文句さん

アユ釣りを中心として、趣味のことなどで気になったことについて、文句、批判、クレーム、言いがかりをつけていきます。 自己中ブログなので気に入らない意見などはスルーします。

きさい

釣りビジョンで磯釣り界の鬼才の2016年の釣りを振り返ってましたね。

この回は少し控えめでしたが、
いつも思うのですが、
食べ頃とか言いながら、小さなアマゴの大量捕獲、目に余りますね。
高知県や徳島県では10cm、愛媛県では15cmがアマゴの体長制限ですね。
手の大きさとの対比から、本当にその大きさを超えているのだろうかと、
ものすごく疑問です。
体長が手の幅超えてないというのはどうかと思います。
少なくとも、サイズを確認しているシーンはありませんよね。
もし、やっているのであれば、テレビなんですから、
疑義が生じないようにそこははっきりと見せてほしいです。
計ってないなら、だめですね。1mm欠けても違反ですから。

もう一つ、私の餌ネタ、「湖産」という言葉がありました。
宮崎の一ツ瀬川で鮎釣りしてましたね。
「湖産」だから幅が広いとか、鰭がどうとか、湖産独特とか、
どうも、琵琶湖産に対してよく使われる言葉を発していました。
実際はダムから遡上してきた魚ですが、由来が気になりました。
琵琶湖産由来のダム湖産なのか、海系の陸封のダム湖産なのか、
意識して発している雰囲気ではなかったので、
ものすごく気になりました。

どういう考えで一ツ瀬ダム湖からの遡上アユを
湖産独特と表現したのかわからないところでもあるので、
ここからは鬼才のことではなく一般論で。
一番見たかった文献が手元にないので、
一ツ瀬川のアユについては、正確なことは言えないのですが、
九州のダム湖や自然湖で陸封されているのは、たいてい海系アユですね。
たとえば、岩瀬ダム湖(1)、御池(2)は海系とされています。
「何とか産」が大好きな鮎師の皆さんが当然お気に入りの
鶴田ダム湖の陸封アユも海系です(3)。
そして、鶴田ダム湖からアユを入れた四国の野村ダムのアユも
もちろん海系です(3)。
陸封されているアユがすべて「湖産」という括りとするなら、
多くの鮎師が琵琶湖産がすばらしいと言っているものの
海系も陸封されたら素晴らしい「湖産」となり、遺伝的背景を無視して、
琵琶湖産を高評価する自らの考えを自ら否定してしまうことになりますね。

鬼才も含め、鮎釣りの人は妙に種苗性にこだわるのですが、
なんかその中身、理由、根拠がモヤモヤしたものになってます。

(1)大木雅彦・坂本龍一.  1997.  アイソザイム分析手法による魚介類の優良遺伝形質の選抜試験 県内陸封アユのアイソザイム分析.  平成7年度宮崎県水産試験場事業報告書, 301-303.
(2)大木雅彦.  1998.  アイソザイム分析手法による魚介類の優良遺伝形質の選抜試験 県内陸封アユのアイソザイムによる系統分析.  平成8年度宮崎県水産試験場事業報告書, 307-310.
(3)関 伸吾・高木基裕・谷口順彦.  1995.  DNAフィンガープリントとアロザイム遺伝標識による野村ダム湖産アユの遺伝的変異保有量の推定.  水産増殖, 43: 97-102.

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
あじめおじさん
性別:
男性
職業:
さかな飼い
趣味:
さかな釣り
自己紹介:
中部在住、へそ曲がりの鮎釣り好きおじさん。
ひたすら自己中心的に・・・
自分のことを上げる棚は超大きい!

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

忍者カウンター

最新コメント

[09/05 van cleef baby bracelet knock off]
[09/05 replique collier van cleef]
[09/05 imitation rolex perpetual oyster]
[05/12 通りすがり]

最新トラックバック

アクセスランキング