文句さん

アユ釣りを中心として、趣味のことなどで気になったことについて、文句、批判、クレーム、言いがかりをつけていきます。 自己中ブログなので気に入らない意見などはスルーします。

理由

これまでにいくつか琵琶湖産鮎(の主に信者)を批判してきたし、
これからもすると思います。
なので、一応その理由を書き留めておこうと思います。

理由1
言われているほど釣りのための放流魚としての性能が高くないと思っている。

理由2
あまりにも一方的に皆が口をそろえて琵琶湖産サイコーなどと言って、
違和感が非常にある。

はじめに、理由2の理由。
雑誌やDVD、新聞、ブログ、SNSなど、ありとあらゆるところで、
琵琶湖産サイコーと叫ばれまくっていますね。
個人のブログやSNSでは、それぞれの考えを述べるのは自由ですね。
雑誌やDVDでも、制作者の意図があるのは当然ですね。
ただ、新聞だけは・・・日本のマスコミは、建前上、
公正に報道ということになっているはずなんですけど、
中部ブロック紙の傘下のスポーツ紙は、相当偏ってますよね。
針糸メーカーのテスターがライターしてて、
内容が微妙でもそのまま載せるとか、ちょっとどうかなと思います。
まあ、言論の自由があるのでいいんですけど、
皆が右へならえと言うのも気持ち悪いので、
誰も相手にしないようなブログであっても対抗してみたい気にはなるのです。

そして、メインの理由1です。
あらゆるところで、琵琶湖産はよく追うと言われますね。
私にはその実感がありません。

前にも一度、
琵琶湖産が活性が高まるのが低水温寄りという論文に言及しました。
ここには、こうも書いてあります。
「両地方品種においてそれぞれ最大の活動性を示す水温下での値においては
両品種間に攻撃性の差異は見られない。
つまり、琵琶湖系アユの攻撃性が強いという考えは、ある特定条件下
(水温が低い等)で生じる見かけ上のことである可能性が高く、
必ずしも琵琶湖系アユが海系アユに比べ強い攻撃性を示すとはいえない
と考えられる。」(1)

私もそう思います。
条件が整っていれば、海系だろうと琵琶湖系だろうとよく追うと思います。

おそらく、「でも初期は琵琶湖産がよく釣れる」という反論があるでしょう。

ただ、現在は、初期の低水温では冷水病の影響で全体的に釣れませんよね。
最も鮎を知り尽くしている人であろう高橋勇夫さんが
昨年の雑誌で、種苗性についてかなり詳しく解説をしていましたが(2)、
そこでも、琵琶湖産の釣られやすさとかに言及しつつ、その傾向は、
「冷水病が広く蔓延する平成2年の前半までならば」と注釈つけてました。
(琵琶湖産信者の皆さんは、おそらく、この一文は無かったことにするのでは
そして、冷水病は出ていないなどと言ったりも)

さらに、近年、9月に海産の遡上鮎の大釣りを楽しむ人がたくさんいますが、
その時期に錆び始めて釣れなくなる琵琶湖産見ても、
琵琶湖産はあまり追わないとは言いませんよね。
アンフェアだと思います。
水温的にも、産卵期から逆算した成長段階的にも、
超高活性になる時期がずれているので、
活性がMAXの状態同士で直接比べることができず、
どちらが上なんてわからないと思います。

釣っている中で、現在では、琵琶湖産が優秀とは思えないのです。
遡上魚の恩恵を受けているエリアに、
あえて遡上魚にダメージを与えるリスクを冒してまで、
放流する価値があるのかどうか・・・
遡上魚の恩恵がないエリアでは、
ここでは書きませんが、ちょっと理由は違うのですが、
やっぱりどうかな?疑問だなあ?
私はこのように思っているのです。

(1)澁谷竜太郎・関 伸吾・谷口順彦.  1995.  海系アユおよび琵琶湖系アユのなわばり行動の水温別比較.  水産増殖, 43: 415-421.
(2)高橋勇夫.  2016.  鮎種苗の現在から入れ掛かり河川を考える.  鮎釣り2016.  釣り人社.  pp. 122-124.

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
あじめおじさん
性別:
男性
職業:
さかな飼い
趣味:
さかな釣り
自己紹介:
中部在住、へそ曲がりの鮎釣り好きおじさん。
ひたすら自己中心的に・・・
自分のことを上げる棚は超大きい!

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

忍者カウンター

最新コメント

[09/05 van cleef baby bracelet knock off]
[09/05 replique collier van cleef]
[09/05 imitation rolex perpetual oyster]
[05/12 通りすがり]

最新トラックバック

アクセスランキング